Last updated on Mar.1, 2019

今月の一言

聖書が新しくなった?いやいや、これは「日本聖書協会共同訳」の聖書が去年の12月に刊行されたということで、 興味はあるけど、どうなんだろうというお話です。特長は「カトリック、プロテスタント教会による「共同訳」である」ということ。そして「礼拝での朗読にふさわしい、格調高く美しい日本語訳」であるとうたっていることなど。聖公会では主教会で使用することが認められ、2020年の総会で礼拝での使用が議案になるというニュースを最近どこかで目にした気がします。しかし「ふさわしい」とか「格調高く美しい日本語」など、正解はないものですからね。この辺は商業主義の匂いがプンプンとします。今なら5800円程度で2448ページの今までとは違った観点から訳された聖書が買えるので、まあ、買って読んでみましょうかね。神様が私たち一人一人へ語りかけている言葉を、専門家が訳した日本語でしか読めないのは悲しいことでもありますな。

今までの一言
(2019年) (2018年) (2017年) (2016年) (2015年) (2014年) (2013年) (2012年) (2011年) (2010年) (2009年) (2008年) (2007年) (2006年) (2005年) (2004年) (2003年) (2002年) (2001年) (2000年) (1999年)

今後のアンセム予定表
礼拝日
アンセム名(作曲者名)
邦訳
3月10日
大斎節第1主日
Thou wilt keep him in perfect peace
(S.S.Wesley)
あなたを信じる者を真の平和のうちに
3月24日
大斎節第3主日
Drop,drop slow tears
(O.Gibbons)
静かに涙を流しながら
4月14日
復活節前主日
Thou knowest, Lord
(H.Purcell)
我らの心の秘密を知りたもう主よ
4月21日
復活日
Proper for Easter day
(T.Sukegawa)
復活日のためのプロパー
4月28日
復活節第2主日
Coelos ascendit Hodie
(C.V.Stanford)
この日、栄光の王イエスは昇天し給う


Hear our voices
TITLE(奉唱年、K=軽井沢)
AUTHOR
容量/演奏時間
S.S.Wesley
4.29MB/3.44
O.Gibbons
3.01MB/2.38
H.Purcell
2.66MB/2.19
C.V.Stanford
2.37MB/2.03
聖ルカ聖歌隊で歌ってみたいと思っている方へ。
私たち聖歌隊は宗教音楽の合唱団ではありません。歌をもって礼拝に奉仕しているキリスト教の団体です。 ですから、宗教音楽を上手に歌いたいというだけの理由では入隊できません。 入隊を希望される方はクリスチャンあるいはキリスト教への求道者であることが前提です。 もちろん、難しい宗教曲を歌うわけですから、それなりのオーディションもあります。 また、月2回の礼拝奉仕、それに対応する練習も礼拝奉仕日を含んで月4回出席していただかなければなりません。 求道者の方は聖歌隊活動を通してキリスト教に対する関心と理解を深めていただけると信じています。 ご関心のある方は遠慮なくお問い合わせください。
今年の練習場所はこちらへ。 今年の奉唱アンセム予定に関してはこちらをご覧ください。
whitsunday2018
聖路加国際大学聖ルカ礼拝堂
住所:
〒104-0044
東京都中央区明石町10-1
電話:
03-5550-7043
司祭:
ケビン・シーバー
隊長:
イグナシオ 大竹惟司
Welcome to the St.Luke's International University Chapel Choir.
This page is maintained by Christopher S Onishi.



このページは毎月の第一週に更新されています