Last updated on Aug.10, 2022

今月の一言

何万人という新規感染者が毎日のように発表されていますが、政府は諦めたかのように方針転換し、「何もしない」ことに決めたようです。手指の消毒とマスクだけは普通のスタイルとして定着したようですが、飲み薬等、普通の風邪になるのは、ずっと先のようです。夏の甲子園は何事もなかったように開催されましたが、プロ野球では選手のコロナ感染が多くなり、試合が満足にできていない球団もあるようです。聖路加では今まで通りの感染症対策が続いており、礼拝そのものには変更された指示等はありません。そんな中で6名の聖歌隊が奉唱しているわけですが、最も必要な練習時間がとれません。場所と時間が制限されているからです。聖歌隊の隊員もこのようなコロナ禍では安心して聖路加に来ることができませんので、6名とはいえ、パートを揃えるのに苦労しています。どうにか工夫しながらアンセム奉唱を続けていきたいと思っています。8月は例年であれば軽井沢合宿の月です。もう何年も軽井沢の地を踏んでいません。この暑い夏を乗り越えて、涼しくなったら有志で軽井沢ショー記念礼拝堂に行きたいですね。

今までの一言
(2022年) (2021年) (2020年) (2019年) (2018年) (2017年) (2016年) (2015年) (2014年) (2013年) (2012年) (2011年) (2010年) (2009年) (2008年) (2007年) (2006年) (2005年) (2004年) (2003年) (2002年) (2001年) (2000年) (1999年)

今後のアンセム予定表
礼拝日
アンセム名(作曲者名)
邦訳
8月14日
聖霊降臨後第10主日
If ye love me
(T.Tallis)
私を愛するならば
8月28日
聖霊降臨後第12主日
Lead me, Lord
(S.S.Wesley)
主よ、わたしをお導きください
9月11日
聖霊降臨後第14主日
聖歌363番
(S.Maita)
ガリラヤの風かおる丘で
9月25日
聖霊降臨後第7主日
Comfort O Lord, the soul of thy servant
(W.Crotch)
あなたの僕の魂に喜びをお与えください


Hear our voices
TITLE(奉唱年、K=軽井沢)
AUTHOR
容量/演奏時間
T.Tallis
2.58MB/2.15
S.S.Wesley
2.67MB/2.18
W.Crotch
2.44MB/2.07
聖ルカ聖歌隊で歌ってみたいと思っている方へ。
聖歌隊は宗教音楽の合唱団ではありません。歌をもって礼拝に奉仕しているキリスト教の団体です。 ですから、宗教音楽を上手に歌いたいというだけの理由では入隊できません。 入隊を希望される方はクリスチャンあるいはキリスト教への求道者であることが前提です。 もちろん、難しい宗教曲を歌うわけですから、入隊希望時にオーディションもあります。 また、月2回の礼拝奉仕、それに対応する練習も礼拝奉仕日を含んで月4回出席していただかなければなりません。 求道者の方は聖歌隊活動を通してキリスト教に対する関心と理解を深めていただけると信じています。 ご関心のある方は遠慮なくお問い合わせください。
今年の練習場所はこちらへ。 今年の奉唱アンセム予定に関してはこちらをご覧ください。
whitsunday2018
聖路加国際大学聖ルカ礼拝堂
住所:
〒104-0044
東京都中央区明石町10-1
電話:
03-5550-7043
司祭:
シモン・ペテロ 上田憲明
隊長:
クリストファー 大西信一
Welcome to the St.Luke's International University Chapel Choir.
This page is maintained by Christopher S Onishi.



このページは毎月の第一週に更新されています